精力剤の選び方|タイプ別に精力剤を見る

オットセイ精力剤

オットセイ精力剤

オットセイの性器は精力剤の材料としてとても人気があります。オットセイは1匹のオスに多くのメスが集まります。人間でいうとハーレムですね。そのイメージから精力絶倫のイメージがあるのです。

 

オットセイの中でも精力剤の材料として使われるものは、性器、睾丸、輸精管などです。実はこのオットセイを精力剤として初めて口にしたのが日本人だということはあまり知られていません。

 

その人物は徳川家康です。彼の晩年は日本を手中に収めて太平の世の中となっていました。高齢ながらもまだまだ勢力は絶倫でした。皿に精力増強にとても興味を持っており、財産を使ってあらゆるものを試したようです。そのような人が使っていたオットセイなら、現代の男性にも効果がある妥当と思われているのです。

 

成分的にもオットセイに含まれる物質に、血管の膨張を助け、血流を良くする働きがあるものがあります。

 

残念ながら、今オットセイは国際保護動物に指定されているために、精力剤の材料として捕獲することは禁止されています。そのために同類のアザラシに今注目が集まっているようです。

 

よく考えると、人間は自信の欲求を満たすために、多くの動物を狩猟してきました。このようなことは、反対の立場になって考えると、オットセイやアザラシたちは人間のことをどのように見ているのでしょうね。